ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを作る方法

赤ちゃんのミルクを作るのに最適と言われるウォーターサーバー。ここでは実際にウォーターサーバーを使ってミルクを作る方法を見ていきましょう。

自分なりにかみ砕いてメモしておくと便利ですよ。

お湯は必要量の3分の2程度

まず、しっかりと洗って消毒した哺乳瓶と乳首を用意したら、そこに粉ミルクを適量入れていきます。そうしたら、ウォーターサーバーのお湯を必要量の3分の2程度そそぎましょう。

この時、全てをお湯で溶かしてしまうと温度調整が効かなくなるので注意してください。

お湯がそそげたら、乳首と蓋をつけたのちシェイクして粉を溶かしていきます。

粉が完全に溶けたと思ったら、残りの3分の1程度の冷水を注入。先ほどのお湯と合わせて必要量の水分となるわけです。

お湯を入れた哺乳瓶はかなりの熱さになっているので、冷水を注ぐ前は注意。火傷しないように熱くない部分を持ったり、必要ならタオルなどにくるんでください。

冷水が注ぎ終わればちょうど適温。人肌よりも少しだけ暖かいくらいになっているはずなので、これを少しだけ冷まして赤ちゃんに与えればOK。

お湯を沸かす手間がないので、手慣れてしまえばあっという間にミルクが完成するでしょう。

70度以下だと殺菌ができないので要注意!

ちなみに、沸騰した状態のお湯でミルクを作ってしまうと、せっかくのビタミンを破壊してしまう可能性がありますので、80度から90度くらいのお湯を使ってください。

ウォーターサーバーなら沸騰させなくても十分に殺菌が出来るので問題ありません。ただ、70度以下だと殺菌が不十分とされるので気を付けてください。

また、ミルクが赤ちゃんに適した温度になったかを確認する時は、腕の内側にミルクをたらすのがおすすめ。ちょっと暖かいかな、くらいに思うのが最適とされています。いわゆる人肌というやつですね。

ウォーターサーバーでのミルク作りは概ね以上のような感じでしょうか。初めの方に紹介した哺乳瓶の洗浄が苦手という方は、専用のアイテムもあるようなので、それを使ってみるのも良いと思います。