赤ちゃんに安全なウォーターサーバーの選び方

赤ちゃんのミルクを作る際に便利なウォーターサーバーですが、どれでも大丈夫なわけではありません。

やはり赤ちゃんのためにレンタルするなら、赤ちゃんに安全な商品を選ぶのが賢明。ここでは赤ちゃんに適した選び方を考えてみましょう。

消化に負担のかかるミネラル成分は体によくない

まず、赤ちゃんは私たちと違って胃腸が完全ではありません。まだまだ働きが弱く、消化に負担のかかるミネラル成分は体によくないでしょう。

そのため、赤ちゃんのためを思うならミネラルが少なめのウォーターサーバーを選んでおくのが無難です。

数ある中でも海外産のウォーターサーバーはカルシウムやマグネシウムといったミネラルを含んでいることが多く、赤ちゃんの胃腸に負担を与えてしまいます。

そもそも赤ちゃん用の粉ミルクには、必要な量を計算したうえで適切なミネラルが配合されています。

そのため、水にまでミネラルが配合されていてはミネラル過多になってしまうのです。成人は基本的に不足しがちな栄養なんですけどね。

赤ちゃんには国産の天然水がおすすめ

赤ちゃんにとっては毒になりかねません。このことから、ウォーターサーバーには余計なミネラルの含まれていない天然水を選ぶようにしてください。

国産のものならミネラルが余計に含まれていないことも多め。メーカーによっては赤ちゃんの成長に合わせた複数種類の天然水を用意しているようです。

公式サイトで赤ちゃんについて書かれているか確認してみるといいでしょう。

また、赤ちゃんのミルクを作るためには温度調整機能もほしいところ。お湯の温度を調整することができれば、ミルクを好きな温度で作ることができます。

メーカーによって温度調整機能の有無が違うようなので、レンタル前には要チェックです。

これに加え、出来ればチャイルドロックも欲しいところ。まだハイハイもままならない赤ちゃんなら心配ないと思いますが、少し大きくなってくれば自分でお湯の部分を操作してしまうかもしれません。

お湯を子供が被って火傷なんて事故がおきないよう、安心のチャイルドロック機能にも注目してみてください。