ウォーターサーバーの赤ちゃんのいたずら防止するには?

赤ちゃんのいる家庭にウォーターサーバーを導入する時、心配になるのがいたずらですよね。

床がびしゃびしゃになるくらいなら拭けば済みますが、赤ちゃんにもしものことがあったら。お湯が出るだけに心配になってきます。

赤ちゃんがいる家庭ではチャイルドロック機能は必須

そのため、赤ちゃんがいる家庭では必ずチャイルドロック機能のついた商品を選ぶようにしましょう。

チャイルドロック機能がついていれば、解除ボタンを押しながらでないと水が出ないので、赤ちゃんには使うことが出来ません。

単純な操作なのでいずれ覚えてしまうとは思いますが、本当に幼いうちは大丈夫でしょう。

また、チャイルドロックにはレバーを押しながら下げることで水が出るシステムのものもあります。こちらもそう複雑ではありませんが、同じく本当に幼いうちは大丈夫です。

柵などの防止策も必要

ただ、少し大きくなってくると親の動きを見て操作を覚えてしまう可能性もあるので、出来れば他のいたずら防止策も導入するといいでしょう。

たとえば、赤ちゃんが越えられないような柵をウォーターサーバーの周りに設置する。これは分かりやすい方法で、それなりの高さがあれば近づくこともできないでしょう。

小さいサーバーであれば高い場所に設置することも可能。赤ちゃんの手の届かないところに置いてしまえば、流石にいたずらされることもないでしょう。ただ、安定性は必ず確保してくださいね。

それなりの量の水が入っているウォーターサーバーが落ちてきたら大惨事につながりかねません。

そういった意味でも、やはりウォーターサーバーは赤ちゃんの近づかない位置に設置するべきでしょう。

ちなみに、これらのいたずら防止をしたからといって、完全に安全なわけではありません。赤ちゃんは大人には予想もつかないような行動をする生き物。

チャイルドロックのかけ忘れをしないのはもちろんのこと、赤ちゃんの動向もしっかり確認しなくてはいけませんよ。

どうしても見ていられないときは、危険物のある部屋に赤ちゃんを放置しては絶対にダメです。