赤ちゃん向けに選ぶウォーターサーバー解説書

赤ちゃん向けに選ぶウォーターサーバー解説書赤ちゃん向けに選ぶウォーターサーバー解説書みなさんはウォーターサーバーと呼ばれる装置をご存知でしょうか。

これは家庭に設置することで常に新鮮な水を飲むことができる機械で、最近はテレビや雑誌でもよく目にするようになりました。

ウォーターサーバーの導入が増えている理由

一般的なイメージで言えば歯医者の待合室に置いてあるアレです。頭の部分に透明な水の入ったタンクが置いてあり、蛇口のような部分を操作すれば簡単に水やお湯が出てくる。

一度は見たことあると思います。イメージのわかない方は「ウォーターサーバー」で画像検索をかけてみるといいでしょう。

さて、そんなウォーターサーバーはすぐに美味しい水が楽しめるうえ、重たい水は業者が届けてくれるので非常に便利。

単純にミネラルウォーター代わりに飲むことも出来ますし、お湯が出るのでカップラーメンと作るのもよし。

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクに最適!

さらに、赤ちゃんのミルクを作る時にも役立ちます。ウォーターサーバーの中には温度調節機能がついているものもあり、これなら赤ちゃんのミルクが熱すぎる心配もなし。最適な温度で赤ちゃんにすぐにミルクを与えることができます。

しかも、ウォーターサーバーの水は安心度が高め。別に水道水が悪いとは言いませんが、やはり都会の方だと不純物などが心配になってきます。

特に赤ちゃんは大人に比べて繊細ですからね。出来れば安心できる水を使ってミルクを与えたいところです。普通の人は様々な食品にプラスして水やお湯といった水分ですが、離乳食を食べられない赤ちゃんにとってはミルクが全て。

それだけに安全面や味には気を遣っておきたいところです。

味についてはメーカーによって変わってくるものの、水道水より美味しいことがほとんど。口当たりのよさでゴクゴク飲めちゃいます。

また、赤ちゃんがいる場合はボトルの配達もメリットですね。赤ちゃんを抱えて重たいボトルを家まで運ぶなんて不可能。

水が満タンに入っていれば数キロの重さはありますからね。そういった意味でも赤ちゃんのいる方におすすめ。

簡単な選び方なども紹介するので、気になる方は参考にしてみてください。ランキングサイトはこちらウォーターサーバーランキング!元販売員が徹底比較

ウォーターサーバーの水の種類ってどんなものがあるの?

利根川水質汚染の事もあり、近頃特にウォーターサーバーが 人気になって来てるようです。

私も少し興味がありまして、今回はウォーターサーバーについて調べてみました。
ウォーターサーバーは、大きく言うと水専用の冷蔵庫と言った感じです。冷蔵庫と少し違うのは、温水に切り換えが出来ることでしょうか、

ウォーターサーバーは、温冷蔵機側の方は、各家庭や会社などに設置したままで、上に付いているウォータータンクを交換する形になっています。

設置に少し場所をとりますが、いつも気に入った味の水が、冷えた状態や温めた状態で、出てくるのでとても便利ですね。

後、水の種類ですが、現在の所はウォーターサーバーで取り扱っているのは、自然天然水とRO水の二種類あるようです。

自然天然水

自然天然水はまさしく雪解け水などが、長年かけて自然にろ過され大地のミネラル成分を豊富含んだ水です。

自然天然水は、ろ過や加熱殺菌で新鮮なままボトリングをしているんです。

RO水

もう一つはRO水と呼ばれ、厚生労働省の基準に基づいた地下水等を、逆浸透膜でろ過した水のことです。

逆浸透膜は、大事なミネラルもろ過してしまうけれども、トリハロメタンや食中毒の細菌もろ過出来るので、かなり純粋に近い水ができあがります。

後は、個人の好み次第ということになりそうですね。

ウォーターサーバーを導入した体験談

私の家には、小さな子供がいます。しかも、アレルギー持ちなんです。

なので、水道水を飲ませる事ができないんですよね。子供も飲めないわけじゃないんですが、アレルギーが悪化してしまいそうな気がして、なかなか飲ませる事ができません。

そこで見つけたのが、ウォーターサーバーというものです。

これなら、ミネラルウォーターなど購入しなくても、良い水が飲めるというのは、嬉しかったですね。

しかも、利用する量にもよりますが、長い目で見ると、ウォーターサーバーのほうがお得にすむという話です。

なので、私はすぐにウォーターサーバーを借りて、利用する事にしたんです。
子供も、毎日おいしいと飲んでいるので、このウォーターサーバーを借りて、正解だったと思いますね。

今じゃ、私もこの水のとりこになっているので、毎日毎日利用し続けたいと思っています。ドリップコーヒーを飲む時は必ずウォーターサーバーの水で飲んでます。

味も全然違いますし、私もこの水しか考えられなくなってしまいましたね。